3歳児神話という言葉を聞いたことがありますか?様々な定義がありますが、子どもは3歳までは母親が育てるべき、としたものです。 なぜ3歳までに母親との時間を取らなくてはならないのか、そうでなければどんな影響があるのでしょうか。 3歳児神話には肯定論と否定論が...

続きを読む

赤ちゃんの青あざに気が付き、びっくりしたママもいるかもしれません。 お尻にできることで知られている蒙古斑。しかしお尻以外にも蒙古斑はできます。また、蒙古斑だと思っていた青あざが、治療が必要な他のあざという可能性もあります。 蒙古斑とはいったいどのようなも...

続きを読む

神経系の成長は12歳ごろまでに遂げると言われており、親がたくさんかかわれる幼児期は運動神経を良くする絶好のチャンスです。 運動をすると脳に血液が流れ集中力が高まり、勉強にもいい影響を与えるといわれています。 「うちの子供は運動神経が悪いから…」と決め...

続きを読む

運動神経が悪いと子供が幼稚園や保育園で苦労するのではないか、そんな心配をするパパママも多いと思います。 「足が遅い」「体力がない」など気になるところがあると思いますが、まだまだ骨や筋肉は成長している途中です。 運動神経が悪い原因を探ってみましょう。原因を...

続きを読む

「運動が苦手」というパパママの骨格が子供に遺伝しても、子供の運動の機会を多くすることで動けるようになります。 健診でも言われることですが、子供の健康の基本は早寝早起き朝ごはんです。睡眠時に多く分泌される成長ホルモンは筋肉や骨をつくってくれます。 完璧にで...

続きを読む

赤ちゃんが生まれると「パパ・ママどちらに似ているかな、どちらの血を引いているのかな?」ということが気になったり話題に上がったりしますよね。 赤ちゃんの血液型も、気になるその一つの要素ではあります。しかし、「新生児の頃に血液型を調べた」という話はあまり聞かないよ...

続きを読む

生まれてしばらくは自分で体の向きを変えることができない赤ちゃんですが、少しずつ手足・そして全身の動きが大きくなっていきますね。 その過程のひとつである、「ハイハイ」の可愛い姿を楽しみにしているママは多いのではないでしょうか。 しかし、赤ちゃんは、うつ伏せ...

続きを読む

3歳児検診は定期で行われる健診の最後にあたるもので、小学校に入る前の就学前健診まで健康診査は行われません。 身体能力の発達や言語の獲得がほぼ完成している時期にあたるので、必ず受けに行きましょう。 3歳児健診では、実際にどのような項目を検査するのでしょうか...

続きを読む

「魔の2歳児」になった我が子に日々悩まされているママは多い事でしょう。言うことをきかない、じっとしていない、癇癪を起す。 そんな一番大変な年齢で実施されるのが、2歳健診です。これは任意の健診なので、自治体主導ではなく、個人病院などで予約をとって受診します。 ...

続きを読む

クーイングとは、生後1か月頃から始まり、赤ちゃんのご機嫌がいいときに舌を使わず、母音で「あー」や「うー」といった声を発することで「プレジャーサイン」とも呼ばれています。 クーイングには個人差があり、赤ちゃんの口や喉の発達過程によるものなので、クーイングがまだ始...

続きを読む