子育て応援サイト MARCH(マーチ)

フェイス・ブックでいいね!する
ツイッターでつぶやく

今や小学生の通信教育はたくさんあり、お子さんに合った通信教育を選ぶのに迷われると思います。各通信講座によってカリキュラムも違いますし、料金も違ってきます。 楽しく学ぶことを体験できれば、今後自ら学習に取り組む学習意欲が高まります。各通信講座の特徴を比較して...

続きを読む

シングルマザーだと家を買うのに不利になるのではないか、自分の収入だけで家が買えるのかなど、家を買うハードルも高い気がしますよね。 それでも、自分のものにならない賃貸住宅にお金を払うのなら、子どもにも資産として残せる家を買いたいと考え、住宅の購入を検討されている...

続きを読む

生活保護を受けているシングルマザーは多いイメージがありますが、平成29年3月の調査では、生活保護受給者全世帯の内、母子世帯が占める割合は7%以下です。 世帯別の収入を比較すると児童のいる世帯で707.8万円に対し、母子世帯は270.3万円と大きく開きがあり、8...

続きを読む

シングルマザーが恋愛や結婚を考える時、結婚前の独身時代のように自由に恋愛ができるというわけではなく、子どものことを考えるとやはり制限が掛かってきます。 子どもを産んだ時から子どもを育てる義務があるのはもちろんですが、子どもにとって、大人、特にママからの愛情も成...

続きを読む

仕事を探すというのは年齢や資格、特技などを問われることが多く、子どもがいない状態でも、自分の希望する条件の仕事を見つけるのは難しいものです。 シングルマザーだと経済的自立をするために、収入面もそうですが子育てと両立できるか…なども条件に入ってきます。 仕...

続きを読む

育児と仕事の両立が難しく、経済的に困窮しているにも関わらず、1人でなんとかしようと紛糾しているシングルマザーもいます。 生活を向上させる努力は必要ですが、1人ではどうにもならないこともあり、ひとり親支援の制度を上手く利用することも大切です。 申請が必要で...

続きを読む

夫との死別や夫からの暴力になどにより、結婚生活を続けて行くことができなくなりやむを得ずシングルマザーになる方もいます。 その一方、なんらかの不満を抱えているため「離婚して子どもと暮らした方が楽になるのではないか。」と考えている方も多いです。 母子家庭は年...

続きを読む

保育参観での服装は新米ママなら迷って当然です。子供が主役なんだけれども、ママだって他のママや先生たちから見られるし、やっぱり可愛い子供の為に素敵なお母さんと思われたいのが一番ですよね。 「誰々ちゃんのお母さんて綺麗だね~」「あれはだれのお母さん?」自分自身の子...

続きを読む

七夕で願い事を書く時、0歳や1歳2歳だとうまく書けませんよね。3歳もおしゃべりが出来るようになりますが、まだ支離滅裂で、「かまきりになりたい」だとか「信号なりたい」だとか。 これでもユニークで楽しいと思います。が、保育園に頼まれてママやパパが代筆することになっ...

続きを読む

ママになると、なかなか思うようなおしゃれができなくなりますよね。アクセサリーはその最たるもの。出産してから結婚指輪以外着けていないというママ、多いんじゃないでしょうか。 中でもネックレスは「子どもが引っ張るとちぎれちゃいそう」「着け外しが面倒」という理由で、お...

続きを読む